トップページ > ミュージアム > 海外取材 > ピアッジオ本社副社長インタビュー

ピアッジオ本社副社長 マルコ・ランブリ氏インタビュー


マルコ・ランブリ氏とEICMA会場にて

マルコ・ランブリ氏 ピアッジオ社 上級副社長 (スクーター・3輪・4輪デザインセンター担当役員、モーターサイクルデザインセンター担当役員、製品開発および戦略担当役員)
インタビュアー コネクティングロッド 会長


―本日はお忙しい中、インタビューをさせていただく時間をお取り頂きありがとうございます。今日は、世界最大のモーターサイクルショーEICMA2012の初日で、VESPA946のプレス発表ということで、多くの報道関係の方がVESPAブースに来ていますね。

そうですね、みなさんVESPA946に興味を持っていただいて、開発者としては嬉しい限りです。

―そもそも、VESPAとはどのような乗り物とお考えですか。

VESPAは、個人向けのモビリティ(移動手段)の中で、「美」を最も重要視しているのが特徴で、過去から現在に至るまで、その特徴は強く永遠に忘れずに持ち続けている乗り物です。

―なるほど、VESPAは、ただ単に移動するためだけの道具だけではなく、美しさを兼ね備え、乗るごとにワクワクする乗り物ということですね。早速ですが、本日発表になりましたVESPA946の主な特徴をご説明いただいてよろしいでしょうか。

インタビュー時の模様VESPA946の名称は、VESPAの生産第一号車であるVESPA98(1946年)が発売された記念すべき年の1946年から「VESPA946」と命名しました。

そしてVESPA946は、VESPAのプロトタイプであるMP6(1945年)のトリビュート(敬意・謝意・賛辞)モデルとしての位置づけがあります。具体的に言うと特徴的なシェイプなスタイリングにあり、フットレストの部分やエンジンカバーの蜂のようなデザインなどです。

946は伝統と革新性を融合したモデル

―なるほど、現行のVESPAのラインナップよりクラシカルなデザインとなっていますね。

VESPA946は、ただ単に、古き良き時代のVESPAを懐かしむ車両では無く、トラディッショナル(伝統)とイノベーション(革新)を融合させたモデルなのです。

―「トラディッショナル」と「イノベーション」の「融合」とは、大変ユニークなキーワードですね。一般的には相反するキーワードとも思えますが、具体的にお教えいただいて宜しいですか。

トラディッショナル(伝統)とは、VESPAが持つ普遍的なデザイン、モノコックボディやフロントタイヤの片持ち、座りやすいシート形状などの哲学や機能です。また、イノベーション(革新)とは、ボディの一部にアルミニウム合金を使用して軽量化を図ったり、灯火類はヘッドライトを含めてLEDを採用し、3バルブの低排気ガス・高燃費の新エンジン、ABSブレーキシステムなど、新技術を多く導入しています。

すなわち、トラディッショナル(伝統)とイノベーション(革新)の双方を兼ね備えたスクーターと言えるのです。VESPAは質の高いライフスタイルを提案するために、未来のライフスタイルと技術を予測し、VESPAに取り入れて常に進化を遂げています。

946は、どのVespaシリーズにも属さない全くモデル

マルコ・ランブリ氏とベスパ 946 ―現行のVESPAにはGTSシリーズとLXシリーズ、PXシリーズがラインナップされていますが、VESPA946は、これらとの関係はどのようになっていますか。

現在のVESPAは、大ボディのGTSシリーズ、小ボディのLXシリーズ、そしてハンドチェンジのPXシリーズとなっていますが、VESPA946は、これら各ファミリー(各シリーズ)とは連続性が無く、どのシリーズにも属しません。VESPAの中でも全く新しい車両が誕生したと言えるでしょう。

シャーシ、ホイルベース、ホイールサイズが大ボディシリーズのGTS、重量は小ボディのLXクラスの軽量ボディ、そしてステアリング角度で機敏な運動性能を実現しました。そしてVESPA946は、上品さと優雅さが実現した車両となり、VESPAブランドの中の高級ブランドとなっています。

―特にVESPA946は、イタリアの工業製品の特徴である、「機能美」を持ち合わせた斬新なスクーターになっていますね。斬新というより、VESPA MP6からのreborn(再生/生まれかわり)ということかもしれませんね。マルコ氏が中心となって開発されましたVESPA946は、どういった方に乗ってほしいとお考えですか。

VESPA946を美しいと感じて、「美」に共感していただける方に是非乗っていただきたいです。

―おそらく、日本人は「美」に関して興味がある国民性が有りますので、このVESPA946の「美」に共感する人は多いと思います。最後に、VESPA946が似合う有名人は、どなたと思いますか。

なかなか難しい質問ですが、今思いつくのは1950年代の映画「ローマの休日」の主演女優オードリー・ヘップバーンと現在ファッションも常に注目されるアーティスト、レディ・ガガでしょうか。

―まさしく、「伝統」と「革新」を代表するような素敵な方々ですね。本日は、お忙しい中有難うございました。大変興味深いお話をお伺いすることができました。


関連ページ:・ベスパ 946 商品情報

△TOP